23歳独身男性会社員の神待ち日記

ここ最近は仕事で上司に怒られまくり
ストレスが最高潮に溜まりまくってた僕は
女とエッチしたくてたまらない状態でした。

嫌な事など忘れる位にエッチすれば
まだ、今の会社でも我慢出来ると思ったのです。

でも、現実は甘くなく出会い系で
手当たり次第に誘ってみても
全く引っ掛かりません。

どうしても休み中にエッチしたいし
かといって風俗じゃ虚しいと思い
どうしようと考えていました。

そんな時にふと、以前に神待ち【掲示板での家出少女との出会い】というサイトで発見した神待ちってあったよな~と
思い出したのです。

寝床やご飯おごる位なら安いもんだなと考え
神待ち掲示板を覗いてみました。

とりあえずは誰でもいいと思い
なるべく家から近くの女子探しです。

検索を始めて数分後に二十歳の
宿無しの神待ち女子を発見し
早速交渉を開始しました。

返事で希望は1週間程
お願い出来たらというので
速攻でOKしました。

その時、こんな簡単に決まるのって
ありなの?と思いながらも
この足の踏み場も無い汚い部屋を
3ヶ月ぶりに掃除して
大事なエッチスペースとテーブルを
置く所は確保しました。

待ち合わせを駅前のスタバに決め
その途中でスキンも購入です。

すでに頭の中はエッチだらけの状態で
ズボンをすでに膨らませてスタバに到着しました。

窓際に独りでスマホをいじっている
女子が見えたので、これだと思い
声をかけました。

「こんにちは~Kですけど」
その女子は誰?みたいな顔です。

「人違いじゃないですか?」
えっこれはもしやイタズラだったのかと
思い、間違えた女性に謝って店を出ようとすると
「Kさんですよね?Yです」と
体格が良すぎるいわゆる太った女子が
ニコニコしながら話しかけてきました。

自分のストライクゾーンは広めなのですが
勝手にスリムな可愛い女子との
エッチを夢見てた為に顔がひきつってしまいましたが
この女子を逃せばエッチ無しで
地獄の週明けを迎えなければならないと思うと
Yの手を取り食事にいこうと歩き出していました。

神待ちしてたYは家出中のようで
親がうるさくて飛び出してきたようです。

食事はファミレスでしたが
その女子の胃袋は2人分のステーキが収まり
この子と1週間か~とちょっと気持ちも
萎えてきたのですが
ここまできて贅沢も言えませんし
自宅へ向かいました。

部屋に入るとYはお辞儀をし
お世話になりますと頭を下げて
挨拶してくれました。

その姿にちょっと可愛さを感じて
とにかく仲良くしてエッチを楽しもうと
気持ちを切り替えたのです。

そしていよいよエッチという段階で
Yは、初めてだから優しくして下さいと、
衝撃的な言葉を投げつけてきました。

その言葉で急にYがとても可愛く見えて
挿入するまでに2時間以上かけて
優しく抱き締めました。

処女の子とするのは自分も初めてで
緊張しましたがなんだか
スローセックスってこういう感じで
するのかな~と思うほど
時間をかけてゆっくりいたわるように
抱いたのです。

終わった後も今までのような
欲望の発散というより
Yと1つになれた幸せみたいな
不思議な満足感です。

まだ1回しかしていないのに
こんなにスッキリしたエッチは
初めてでした。

そして毎日家に帰るのが
嬉しくて仕方ありませんでした。

Yの顔を早く見たくてたまらない
気持ちになっていったのです。

約束の最終日に僕はきちんと正座し
僕と付き合って下さいとYに頼みました。

容姿など関係なくもうすっかりYに
惚れてしまい
本気で付き合いたいと思うように
なっていったのです。

今Yは、週末の僕の休みには必ず泊まりに来ます。

神待ちの家出女子だったYは僕の
彼女になってくれました。

神待ち 即日即即掲示板情報 即ハメ目的の神待ち探しに必須のサイト

神待ちの有名定番サイト登録無料

神待ちサイトランキング

自分のタイプの家出少女を掲示板で見つけよう

自分は時間が不規則な飲食業で働いていて、職場には年配の女性しかいません。彼女が欲しいと思うんですが、なかなか
若い女性と知り合う機会がないんですよね。ネットでふとしたことから神待ち 即日即即掲示板情報というサイトを目にして、泊まるところがなくて困っている神待ちの女性がいる話を知り、
気楽な一人暮らしだしそういう子がいるんなら声をかけてみようかと思いました。

軽い気持ちで、神待ち 即日即即掲示板情報で勧めていたハッピーメールに登録していたんですがけっこういるんですよ、神待ちの女性。いろいろ事情があるのか、突然
神待ちの掲示板にメッセージが載るので、暇なときに時々チェックしてみるといいです。最近自分がであった女性は19才でしたが
親と折り合いが悪くて、しょっちゅう家出をしているということでした。友達の家に泊ったと言っては、神待ちをしていると話していました。

仕事が休みだったので夕方ファーストフード店でおち合いましたが、小柄でよくしゃべる面白い子でした。でもやっぱり、どこか
寂しそうなんですよね。近くのレストランでハンバーグとパフェをおごってあげましたが、
「すごくお腹すいてたんだ。お兄ちゃん、ありがとう。」と満面の人なつっこい言われ、なんだかうれしくなってしまいました。
着替えが無いというのでTシャツとかショートパンツなどの衣類を買ってあげ、手をつないで自分のマンションまで一緒に帰り
ました。神待ち 即日即即掲示板情報に書いてあったように、途中のコンビニで、おつまみやカクテル、ビールなども購入しました。

すぐにシャワーを浴びたいというので風呂場に案内したんですが、風呂上がりに自分のワイシャツを来た彼女は19才とは思えない
色っぽさでドキドキしてしまいました。カクテルやビールを飲みながらテレビを見ていると
「お兄ちゃん、寂しいから抱っこしてよ。」と自分から甘えてくるんです。洗い立ての髪から甘い香りがして、ぎゅっと抱きしめて
しまいました。朝まで2人で朝まで何度も激しく抱き合いましたが、自分がリードされることもあって積極的な彼女に正直驚きましたね。
小柄だけれどメリハリのあるナイスボディーでした。

次の日は昼過ぎから仕事だったんで駅前でご飯をおごってから別れましたが、ネットカフェに行きたいけどお金が無いというので
多少のお小遣いをあげました。彼女とはそれ以来会っていませんが、もしまた神待ちの希望の連絡があれば、神待ち 即日即即掲示板情報の方法を参考にして泊めてあげたいと思っています。

神待ち パサール満月 -fc2 家出少女を泊めてハメるなら必須のサイト

神待ちの有名定番サイト登録無料

神待ちサイトランキング

自分のタイプの家出少女を掲示板で見つけよう

神待ち女を捜すなら、神待ち パサール満月 -fc2でおすすめしている神待ち掲示板しかない。
良い相手をみつけるなら早い者勝ちだが、怪しい案件(?)には手を出したくない。
まずはじっくり神待ち掲示板を観察しはじめたのは、つい2週間くらい前だった。

よくよくみると、神待ち パサール満月 -fc2以外のサイトはどれも怪しく見えてしょうがないが、
痛いことを言ってる神待ちほど、むしろ素人っぽくてねらい目なのかもしれないと気づいた。

始めにコンタクトをとってみた子は、優子(仮名)といって、若干引きこもりに近いオタクらしい。
実家暮らしだけど、部屋で出来る遊びに飽きたのだの、なんだの。
正直言って頭はそんなによくなさそうだが、ドライな考え方はちょっと自分にも近くあってみようかなという気になった。

神待ち女の優子の、神になってあげるかは、とりあえず保留として2度ほどあってみたが、
いかんせん、口数が少なく、それでいて気分屋でワガママだった。
適当に相手をするとスネる、スネる。
自分の要求をどこまで答えてくれるのか値踏みされているようにも思えた。

言い方が悪いが、この手の要求をすべて答えて相手をするのは、私がただの財布になってしまうので、若干のコントロールとともに、こちら優位にすすめなくてはならないと思った私は、
神待ち パサール満月 -fc2でにも書いてあったように、とにかく言葉で可愛がる事にした。
嘘くさくなく、丁寧に何度も。

けっかとして、私のことをいたく気に入ったようで、出かけようといえば大抵はついてきてくれるし、好きな時に合えるのが現状だ。
逆にわたしがしていることといえば、夕食は彼女の好きなものにしているくらい。
超高給店にはいかないが(というよりいけないが)、それなりに要求にはこたえている。

ちなみに夜の相性はばっちりで、引きこもりの癖に耳年魔なのか、いろんな知識だけはあり、
教え込むとしっかり覚えてくれる。
最近では予想以上に、エロい目をしはじめたので、かなりドキドキするくらいだ。

あんまり自分のプライベートに彼女を近づけたくないので、一定の距離はおいているが、
少なくとも今は楽しいし、次の神待ちを探す気にもなれてない。
どれくらい付き合いが続くのかはわからないが、神待ち パサール満月 -fc2を使ってベストな子を選べたのだとわれながら思う。

31歳独身男性土木業の神待ち日記

これは俺が神待ちサイトランキングに掲載されている優良サイトを使って、神待ち女性と知り合った体験談です。

俺のやっている仕事は土木業で、職場に居ても勿論女性との出会いもなく、毎日むさ苦しい職場で働くだけでした。
35歳という年齢もあって、このままじゃまずいんじゃないかと思い、常に女の子と連絡を取り合っている職場の友人に相談してみました。
「お前なんでそんなに毎日女の子と話せるんだ?どこで会ってるんだよ。」と聞くと、友人はスマホで何かを検索しだして、
「これだよ。」と、見せられたのがその掲示板でした。
そこには女の子の写真やLINEIDやカカオIDが載っていて、なんだ出会い系じゃないかと肩を落としました。
出会い系は俺もすでに昔使っていましたが、大半が若い男ばかりモテて俺みたいなおっさんは相手にされませんでした・・・。

しかし、この””神待ち””というのが特殊らしく、どうやらこの掲示板では泊まる所を探しているワケありな女性が投稿しているらしい。
なので大抵の女性は困っている為、LINEを送ると即返してくれるのだそう。
それを聞いて俺みたいなおっさんでもいけるかなと思い、その日仕事が終わって帰宅して、自宅のPCで神待ち掲示板とやらを検索してみた。
確かに友人の言う通り、掲示板の9割ぐらいが「泊めてください、困ってます。」という書き込みで埋まっていました。

さっそく書き込みを一通り見て、その中でも一番近い場所にいた25歳の綾菜(仮名)という子に俺はLINEを飛ばす事に。
「書き込み見たよ!夜遅いし泊まる場所探してるならウチ来ません?」とLINEを送ると、すぐに返事は返ってきました。
どうやら綾菜は彼氏と喧嘩をして1カ月も家出しているようで、少ない貯金も尽きてしまったらしい。
とにかくすぐに来て欲しいというので、夜9時を回っていたのもあり、車を出して急いで待ち合わせ場所にすぐ向かいました。
正直言って連絡をとり始めたその日の内に会うのには抵抗はありましたが・・・まぁなんとかなるかといったぐらいの気持ちでした。

そして待ち合わせ場所につき、綾菜とすぐに合流。
綾菜は思ったより幼く、「あの、未成年じゃないっすよね?一応身分証見せて貰えんかな・・・」とお願いすると、
「なにそれ!警察じゃないんだから!」と笑いながら見せてくれ、俺の身分証も綾菜に見せました。
ちゃんと嘘偽りのない年齢だと確認できた所で、さっそく俺の家に行くことに。

家に着いてからは綾菜に風呂と着替えを貸して、何となくドキドキしていた俺は綾菜が風呂に入ってる間にビールを飲んで気を紛らわせてました。(笑)
綾菜は風呂から上がると、「あーずるい!私もお酒くれません?」と言ってきて、俺が「勝手に冷蔵庫から取っていいよ。」と言うと、ビールを取り出して俺の隣に座りました。
あまり女性慣れしていない俺はさてここからどうしたらいいのか・・・という考えで頭がいっぱいになってしまい、無言になってしまいました。
そこで口を開いたのが綾菜で、「お兄さんはお風呂入らないの?」と聞いてきたので、なんとなく流されるままに風呂に入ることに・・・。

俺が風呂を出た頃には綾菜は結構お酒が回っていて、ベッドでごろごろしていました。
結局手を出すタイミングも何もわからず、「俺床で寝るからいいよ」と言うと、「え?隣来ないんですか?」と聞かれ、
おずおずとしていると綾菜に手を引かれてベッドで一緒に寝る形に・・・。

そして、隣に寝るやいなや、綾菜は俺に抱きついて彼氏の話をしてきました。
どうやら彼氏は酒癖も悪く頻繁にDVを繰り返しているようで、俺が話を聞いてる間に綾菜が泣き出してしまったので、俺が抱きしめて慰めていました。
不謹慎にも泣いてる綾菜にまたドキドキしてしまっていた俺は、綾菜に「あの、してもいいかな。」と了承を取り、体の関係も持ってしまいました。

その翌日、俺は仕事だった為、綾菜を実家に送り届けてすぐに仕事場に向かわなくてはいけませんでした。
しかし仕事中も綾菜からLINEが飛んできていて、内容は「お兄さんに会ってる癒された。(笑)また会いたい。」ということでした。
俺は嬉しくなってしまい、「いつでも困ったことがあったらおいでよ。」と言うと、綾菜は嬉しそうにハートの絵文字をつけて「ありがとう。嬉しい。」と送ってきました。

それからは何度か綾菜が家に来るようになり、また相談に乗ったり、そういうこともしたりを繰り返していました。
その内に彼氏と別れたらしく、それも俺に嬉しそうに報告をしてきたのでなんだか俺まで嬉しくなってしまいました。(笑)
そしてその報告を受けて間もなく、俺から告白して綾菜と付き合うことになりました。

神待ち掲示板を使って、最初は出会いを目的としていましたが、ただ単純にこうやって女の子が救えるなら、
俺は使ってみて良かったかなと思いました。付き合えたことももちろん良い結果でしたけどね。
皆さんも是非使ってみることをオススメしますよ。

22歳男子大学生の神待ち日記

彼女が神待ちしていたようです。すごいショックでした。
と同時に現実感がないという感じもして、すぐに別れるという決断もなかなかつきません。
自分は大学生で、高校の時の後輩の彼女がいるんですが、すごく真面目で優しくて、絶対神待ちとか無縁の雰囲気です。
自分の親友が居酒屋でバイトしていて、いつもラブホ街を抜けて通っているんですが、一度だけじゃなくて何度も目撃したようです。
正直最初見た時は信じられなかったし、見間違いなのかもってことで言わないと決めたそうなんですが、二度三度…と重なって、
さすがに黙っていられなかったようです。
神待ちと言ったことから分かるように、毎回違う相手で、しかも中年風の男が多いそうです。
決定打は待ち合わせ風の時、何かを受け取っているところを見てしまったようです。
いつも会う時は7:3くらいで自分が出しているし、服もそんなに持ってる様子もないし、デート代に困ってることではないと思うんです。
しばらく我慢していたというか、信じられない気持ちから、いや、怖かったのかな、言えずにいたんですが、この前ついに切り出してみました。
彼女は動揺している様子もなかったですが、明らかに態度が変になりました。
それと同時に、連絡してくる回数が増えたし、やたらこちらのご機嫌伺いのようなことも増えました。そういう態度がうれしくもなく、
むしろすごく引いている自分を感じます。
信じてないとかいいながら、彼女への愛は冷めてしまったのかも知れません。
神待ちとかする人を見下している自分を見つけたと同時に、自分が女だったらそんなことは絶対しないと言えない気もするので落ち込みます。